つどいの広場について

マザーグースの会ってなあに?

〜おばあちゃんからお母さんへ お母さんから娘へ〜
イギリスで親しまれている伝承童謡マザーグースのように良いものを次世代につないできたいという考えから名前を取った「マザーグースの会」は、定年退職後のシニア世代のボランティアグループとして、平成17年に誕生しました。 平成18年より「久万高原町つどいの広場事業」として久万高原町の委託を受け、広場の企画・運営がスタートしました。 現在は、シニアボランティアに加え、子育て経験のある若いママボランティアが加わり、読み聞かせなどを中心に、地域の子育てに関わっています。

利用案内

住所 愛媛県上浮穴郡久万高原町上黒岩2913
TEL/FAX 0892‐56‐0182
開館日/時間 月・水・金 / 9:00〜15:00
休館日 火・木・土日・祝日・年末年始(警報が出ている場合は、臨時休館)
対象者 主に未就園児とその保護者
子育て中の親子に限らず、地域の方の利用も歓迎です
利用料 無料
(ただし、製作や飲食のイベントの場合参加費をいただくことがあります。
こんなところでしているよ
あそびの様子
手作り工作
ピアノ演奏
小麦粉粘土
読み聞かせ
ボールあそび
母子でお料理
お部屋の様子
赤ちゃんベッド
おままごと
おもちゃ
冷蔵庫、電子レンジ
お昼ごはんの様子
広場の内観
沿革
平成17年 子育て支援ボランティアグループ「マザーグースの会」設立久万高原町上黒岩において「久万高原町つどいの広場事業」の委託を受け企画・運営がスタートする
平成18年 愛媛県より「地域子育て力アップモデル事業」を受け、実施する
平成19年 春の交通安全運動期間内に、久万警察署安全協会・久万保育園児らと共に町内にて交通安全を呼び掛ける活動を始める
(年1〜2回)以後、毎年実施
平成20年 愛媛の郷土料理芋炊きを作り、会食を楽しむ「芋炊き会」を実施し、地域とおばあちゃん世代、ママ世代、子ども世代の3世代の交流の場を作る。以後、毎年実施
平成27年 久万高原つどいの広場として10周年を迎える
理念
〜おばあちゃんからお母さんへ お母さんから娘へ〜
基本方針
  • 乳幼児とお母さんの心地の良い居場所づくりに努めます。
  • 乳幼児の心身の健やかな育ちを支えます。
  • 乳幼児同士の遊びや関わりを見守り、乳幼児同士の関わりを大切にします。
  • 事故やけがのないよう安全に遊べるように配慮します。
  • 子育て中のお母さんがほっとくつろぎリフレッシュできる時間を大切にします。
  • 地域の方とのつながりや様々な世代の方との交流を大切にします。
topに戻る